スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
エピソード オブ チョッパー
ワンピース THE MOVIE
 エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜

ずっと見たかったのだけど、映画館に行く勇気もなく
楽天レンタルのお試し会員になってレンタルした。

ワンピースの中でもチョッパーは1番好きなキャラクター。
そのチョッパーのエピソード(以前、少しテレビアニメで見た)だったので
どうしても見たかった。

生まれたときから「青っ鼻のトナカイ」というだけで嫌われ
「ヒトヒトの実」を食べてしまったため
トナカイたちからも嫌われ、人間の仲間にもなれず
ドクターヒルルクに出会えて初めて「仲間」をみつける。

このドクターヒルルクがチョッパーのすべてを受け止めるシーンは
タツが私の「うつ」も含めて認めてくれていることと重なって
なんだか心にしみてきた。

ドクターに「トニートニー・チョッパー」という名前をつけてもらい
初めて喧嘩をして、初めて仲直りをして、初めてプレゼントをもらう。

そこからはじまり、すべてのエピソードに涙が出てしまう。
ドクターヒルルクとの別れ、ドクトリーヌに「医者を教えてくれ」というチョッパー。
心に傷を持ったチョッパーを何事もないように受け入れるルフィやナミ。

最後のピンクの雪には感動して涙が止まらなかった。
この映画は名作だと本気で思った。

余談だけど、「ドクターくれは」を見るたびに
頭の中で夏木マリさんに変換されてしまった(笑)
アニメや漫画のキャラを実写版に置き換えるのは難しいけど
夏木マリさんのドクターくれははぴったりだと思う。
スポンサーサイト
【2008/10/02 23:35】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なでしこ隊
なでしこ隊 ~少女たちだけが見た"特攻隊"封印された23日間~

9月20日に放送されたものを録画していて
今日、ようやく見ることができた。

働いていたときに、職員旅行で鹿児島に行った。
そのときに、知覧にも行った。

神風特攻隊の存在は知っていた。
だけど、知覧から出発したことは知らなかった。

「知覧特攻平和会館」に行き
特攻隊員のみなさんの
写真や遺品・遺影を見ていると涙が止まらなかった。

あまりにじっくり回りすぎて置いて行かれそうになったのだけど
それでもまだまだ時間が足りなかった。

山口県岩国市で生まれ育った私は
広島の原爆は身近なものだった。
子どものころには「広島平和記念資料館」にも行った。
だけど、知らないことはたくさんあるのだと痛感した。

今しかないのだ。
あの戦争を知っている方たちが
私たち、そして子どもたちに伝えることができるのは
もう今しかないのだ。

そして、私たちはきちんと受け継がなくてはいけない
そんなことを感じさせられるドラマだった。
【2008/09/23 16:27】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
太陽と海の教室
正直、あまり期待していなかったドラマ。

予告を見たときに、織田裕二ってこんな顔だったっけ?
と悩んでしまった。
もしかしたら、山本高広でインプットされてるのか?(笑)

ドラマを見ていると、やっぱり織田裕二だ!と再認識。
熱い!とにかく熱い!

ドラマ自体は普通の学園ものっぽいのだけど
第3話で「櫻井朔太郎」の過去が明かされた。

そのエピソードには、ちょっとうるっときてしまったけど
川辺英二(山本裕典)が大怪我をしたときに
「足に刺さった金属を抜くと大出血を起こす」
と言っておきながら、助けたあとに血管の縫合をせず
表面だけ縫合していたのを見て
「それ、ちゃうやろ!」とつっこんだのは私だけではないはず。

縫合よりも止血だろー!
せっかく感動したのに!!
全部台無しやん。

何かに似てると思ったら「GTO」とかぶるような気がする。
まぁ、嫌いじゃないからいいか(笑)
【2008/08/04 23:35】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コード・ブルー
今クールのフジテレビで1番楽しみにしていたドラマ。
(基本的に医療関係のドラマが好きなので)
ところが、実際に見てみるといまいちだった。

まず、4人が若すぎる。
どう見ても医学生かかけだしの研修医っぽい。
ERで働いてからきたようにはとても見えない。

さらに、「牛に願いを」のように
毎回4人の中で揉め事が起きそうなところがうつに拍車をかけそう。
(そういえば、あのドラマにも戸田恵梨香が出ていた)

「モンスターペアレント」なんてうつがひどくなりそうで
その時間だけはDVDを見ているくらい。

とりあえず、「揉め事<興味」なので最終回まで見る予定。
あと、りょうさんが大好きなのもある(笑)

正直な話。
14:07から放送された
空飛ぶドクターが命を救う!「コード・ブルー」リアルストーリー
こちらのほうがとても気になってしまった。

ERのナースもすごい!と思っていたけど
フライトナースも感動するくらいすごい。
自分に自信がないとできない仕事だなぁ・・・。

でも、自信を持って仕事をしている人は
どんな職業でもすごいと思う。
私にはとてもできないから。
【2008/07/03 23:35】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
いいとも少女隊
4月から「いいとも少女隊」に変わり
オープニングがなんだか違和感ありあり(笑)

ナオミちゃんは見たことがあるけど
(エンタの神様にも出てるし)
リンちゃんは知らないのでめっちゃ気になる。

というわけで、さっそくネットで検索。
「鈴木凛」ちゃんというらしい。

少女隊のリンちゃんもめっちゃ可愛いけど
ブログの画像がまたカワユス ♥
いや、ギガントカワユス ♥
メガネフェチな私はメガネをかけてるリンちゃんにも萌え~ ♥

ひさしぶりに芸能人のブログを堪能してしまった。
【2008/04/23 20:09】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ラスト・フレンズ
今クールでは1番楽しみにしているドラマなのだけど
見ていてなんだかせつない。

上野樹里ちゃんはのだめのイメージが強いけど
今回はがらりと変わった役を演じていて好感が持てる。

というか、あんな彼女がほしいと真剣に思う。(笑)
あんなふうに愛されたら幸せだろうな。
でも、世の中は上手くいかないのだ。

モトクロスのシーンを見ていると
私もやってみたいと思ってしまう。
だけど、私の体力では不可能。
長い間、自転車にも乗っていないので
自転車にすら乗ることができるかあやしい。

これからの展開が楽しみ。
【2008/04/17 23:21】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
エースをねらえ!@スペシャル版「奇跡への挑戦」
テレビを買い換えてから困ったことがおきている。
今までDVDに撮りためていたドラマ等を見ると
画像が悪くてイライラするのだ。
例えるなら、3倍で録画したビデオを見ている感じ。

画像が悪いものを保存していてもしかたがないので
時間があるときに見て削除しはじめた。

今回は、エースをねらえ!スペシャル版「奇跡への挑戦」
調べてみると、2004年9月23日にテレビ朝日で放映されたもの。
ドラマはリアルタイムで見ていたのだけど
スペシャル版はタツといっしょに見ようと思って録画したままだった。

「エースをねらえ!」はかなり好きな漫画。
思い立って買ったものが「愛蔵版」なのでかなり後悔している。
(大きくて重いので読む気力がかなり必要)
買ったあと、しばらくたって漫画の文庫本ブームがきた。
いつか買い換えようと思いつつ、頑張って愛蔵版を読んでいる。

ドラマのキャストについていえば
・岡ひろみ:上戸彩  わりと好き。
・宗方仁:内野聖陽  うっちーは好きなのでまぁ良しとする。
・藤堂貴之:吉沢悠  吉沢くんはハムテルの方が似合っていた。
・竜崎麗香:松本莉緒  松本莉緒さんはお嬢様役者(個人的に)で
               ガラスの仮面の姫川亜弓ともにはまっている。
               残念なのはひろみとの身長差がないこと。
・緑川蘭子:酒井彩名  雰囲気はいいのだけど「加賀のお蘭」の迫力には欠ける。
               やはり「お蘭」は長身でなくては・・・。
・尾崎勇:石垣佑磨  当時はまあまあだと思っていたのだけど
              今となっては「天王寺先輩」にしか見えない(涙)
・音羽京子:金子さやか  当時はけっこうはまってると思っていたけど
                今となっては「麗しき鬼」がちらつく(涙)

個人的にはまり役だと思っているのはこのメンバー。
・愛川牧:森田彩華
・千葉鷹志:柏原収史
・竜崎総一郎:夏八木勲
・宝力冴子:ベッキー

で、このスペシャル版は原作の漫画とは切り離して考えないと
原作ファンは暴れそうになるかもしれない。
ドラマでは、ひろみが宗方コーチの死を乗り越えるシーンが軽すぎるのだ。
原作のあのシーンは何度読んでも涙が出る。

障害者の施設で火災訓練をし、子どもたちとふれあったあと
太くんの「おねーちゃん、どうしてテニスしないの?」
この台詞があって、桂コーチが宗方仁のラケットを渡す決意をする。
子どもたちの「ガンバレ!!」の励ましでサーブを打つひろみ。
その後、無心になってバケツ5杯分のボールを一気にサーブ。
我に返ったときにみんなが木の影からひろみを見ているのに気づく。
そして、ようやく宗方コーチのお墓参りに行くことができたとき
緑川蘭子のつらさを思いやれるようになる。
この部分が1番重要なのに、ドラマでは描かれていないのが残念。

さらにもうひとつ。
宗方コーチの日記は縦書きでないとダメ。
横書きの「岡、エースをねらえ!」なんてギザアリエナス。(´;ω;`)ウッ…

漫画を最初から読み直したくなるドラマだった。
【2007/09/09 22:48】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| Top | 次ページ
『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。
リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。
このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係がありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Reference By. grave-bear

Template Desingned By.
ゆがみ / yugami-0 / 2005/5/15作成~5/24再編集