スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
エピソード オブ チョッパー
ワンピース THE MOVIE
 エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜

ずっと見たかったのだけど、映画館に行く勇気もなく
楽天レンタルのお試し会員になってレンタルした。

ワンピースの中でもチョッパーは1番好きなキャラクター。
そのチョッパーのエピソード(以前、少しテレビアニメで見た)だったので
どうしても見たかった。

生まれたときから「青っ鼻のトナカイ」というだけで嫌われ
「ヒトヒトの実」を食べてしまったため
トナカイたちからも嫌われ、人間の仲間にもなれず
ドクターヒルルクに出会えて初めて「仲間」をみつける。

このドクターヒルルクがチョッパーのすべてを受け止めるシーンは
タツが私の「うつ」も含めて認めてくれていることと重なって
なんだか心にしみてきた。

ドクターに「トニートニー・チョッパー」という名前をつけてもらい
初めて喧嘩をして、初めて仲直りをして、初めてプレゼントをもらう。

そこからはじまり、すべてのエピソードに涙が出てしまう。
ドクターヒルルクとの別れ、ドクトリーヌに「医者を教えてくれ」というチョッパー。
心に傷を持ったチョッパーを何事もないように受け入れるルフィやナミ。

最後のピンクの雪には感動して涙が止まらなかった。
この映画は名作だと本気で思った。

余談だけど、「ドクターくれは」を見るたびに
頭の中で夏木マリさんに変換されてしまった(笑)
アニメや漫画のキャラを実写版に置き換えるのは難しいけど
夏木マリさんのドクターくれははぴったりだと思う。
スポンサーサイト
【2008/10/02 23:35】 ドラマ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<大麻はスーパーには売ってない | ホーム | 内緒>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ見えるないしょコメントをおくる

トラックバック
トラックバックURL
http://komamemame.blog11.fc2.com/tb.php/968-8b75f329
| Top |
『Livly Island』『リヴリーアイランド』は、ソネットエンタテインメント株式会社の商標です。
リヴリーアイランドに関わる著作権その他一切の知的財産権は、ソネットエンタテインメント株式会社に属します。
このサイトは『リヴリーアイランド』およびソネットエンタテインメント株式会社とは一切関係がありません。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
Reference By. grave-bear

Template Desingned By.
ゆがみ / yugami-0 / 2005/5/15作成~5/24再編集